ATD Japan Summit

2019.08.22

イノベーションを生み出す組織

Written by

今の世の中は変化が激しく、組織の上層部がすべてを判断し、指示するトップダウン型の組織では時代の変化についていくことができません。階層を越えてアイデアを出し続ける柔軟な組織でなければ、イノベーションを生み出し、生き残っていくことができません。今日は、この組織階層を取り払うことに関するClark Quinnさんの記事を紹介します。

 

絶えざる試行と多様性

イノベーションを起こすには、継続的に学ぶだけでなく、新たなことを絶えず試行する必要もあります。試行、評価、洗練というプロセスが必要とされるのです。

組織の多様性は、イノベーションに役立ちます。イノベーションを起こすための最近のアプローチでは、多様性のあるチームを作るべきだと言われています。皆が同じことを考えている組織では、新たなことは生まれません。皆と違っている人を意識的に選べば、多様性を活用することができます。そして、適切な方法でブレーンストーミングを行います。

 

階層を取り払う

階層は、革新的思考の対極にあるものです。ルーチン的な仕事には階層が必要ですが、そのような仕事は次第に自動化されつつあります。真に価値のある仕事、価値ある結果は、イノベーションから生まれます。

イノベーションを生むには、誰もが発言し、リーダーがその発言に耳を傾ける必要があります。すべての人が貢献すれば、よりよい結果を得ることができます。

すべてのアイデアが成功するとは限らないので、多様性を活用し、アジャイルに取り組む必要があります。

 

このような働き方(つまりスマートに働く)には、フォーマルラーニングではなく、インフォーマルラーニングが欠かせません。これは、学習のプロフェッショナルが促進すべきことであり、学習のプロフェッショナルが果たすべき役割です。

 

元の記事:

https://learningsolutionsmag.com/articles/2565/quinnsights-skipping-the-hierarchies

Clark Quinn氏による他の記事:

http://www.ipii.co.jp/archives/tag_blog/clark-quinn/

 

※このサイトに掲載されている一連の記事は、オリジナルの記事の全体または一部の概要を紹介するものです。正確なところはオリジナルの記事をご参照ください。