ATD Japan Summit

2021.05.07

バーチャルチームをリードするには信頼が重要

Written by

コロナ禍と、それに伴いテレワークが普及した状況下では、どのようなリーダーシップが有効でしょうか。今日は、このような時期におけるリーダーの役割について、行動科学の専門家による記事を紹介します。

 

パンデミックに伴い、チームメンバーはさまざまな不安を感じています。このような時期には、信頼と尊敬を示し、勇気づけ、共感することが重要です。メンバーが自分の価値を感じ、自分の話を聞いてもらうことができ、つながりを感じられるようにすることが、リーダーの主要な役割です。

 

個々人の懸念や恐れの原因を理解し、信頼と尊敬の気持ちを積極的に示す

チームメンバーそれぞれの気持ちや状況を理解し、その家族を思いやります。自分の懸念が無視されたり、ないがしろにされたと感じた人は、コロナ後にエンゲージすることができなくなります。

 

多くの人がテレワークに慣れていないことを考慮する

テレワークへの移行期には、多くの人が集中できません。慣れるまでに時間がかかることを考慮します。

 

 

オンラインミーティングは短く、人数を減らす

オンラインミーティングに慣れるには時間がかかるので、多くのアジェンダを詰め込まないようにします。全員がエンゲージできるよう、オンライミーティングは小人数で行います。

 

最も重要なのは、フィードバックループを作ること

チームメンバーがリーダーを信頼していれば、リーダーの対応について建設的で正直なフィードバックを与えてくれます。

 

リーダーが敬意をもって自分に接し、自分の懸念を理解してくれると感じたメンバーは、コロナ後に職場に戻ったとき、職務や組織にさらに貢献しようという意欲が高まります。リーダーの今日の行動は、明日の組織文化の発展の基盤となります。

 

元の記事:

https://insights.alula.clg.com/blog/leading-virtual-teams-strengthening-your-relationships

 

関連記事:

働きがいのある職場を作るには?

ダメな上司は体に悪い

※このサイトに掲載されている一連の記事は、オリジナルの記事の全体または一部の概要を紹介するものです。正確なところはオリジナルの記事をご参照ください。