ATD Japan Summit

2020.01.31

マイクロラーニングを使って従業員のパフォーマンスを促進する方法

Written by

マイクロラーニングが普及し、その活用方法に関する記事を頻繁に目にするようになりました。今日はまた別の記事を紹介します。

 

マイクロラーニングに効果がある理由

  1. 集中力の持続時間(attention span)には限りがある

私たちの集中力は、学習の開始と共に次第に低下します。マイクロラーニングは学習時間が短いので、集中力が低下しないうちに学習を終えることができます。

  1. 現代人の集中力の持続時間の低下

スマートフォンなど、現代の生活には集中を妨げる要素が溢れており、何かに集中するために確保できる時間が次第に短くなっています。マイクロラーニングは学習時間が短いので、このような状況に適しています。

  1. 忘却曲線

何かを学んでも、私たちはすぐに忘れてしまいます。マイクロラーニングを使って学習内容を短時間繰り返すことにより、忘却を抑え、記憶を維持することができます。

 

マイクロラーニングの効果を高めるには、以下のようにデザインする必要があります。

  • モバイルなど、学習者に適したデバイスで行える。
  • 多くの世代にアピールする。
  • 仕事の流れの中で、必要なタイミングで使える。
  • 実際の適用に役立つ。
  • 学習ニーズに適合している。
  • パーソナライズライズされている。
  • さまざまな形式で提供されている。
  • メンテナンスが簡単。

 

マイクロラーニングの使用場面

  • 意識を促したり、チェンジマネジメントの場面などで使う。
  • フォーマルトレーニングの一部として使う。
  • パフォーマンスサポートとして使う。
  • 仕事の流れの中で適宜参照する。
  • フォーマルトレーニング前の予備知識を学習する。
  • トレーニング後に、学習内容を強化する。

 

元の記事:

https://www.learningsolutionsmag.com/sponsored/how-to-drive-employee-performance-with-microlearning

関連記事:

マイクロラーニングに関する他の記事

 

※このサイトに掲載されている一連の記事は、オリジナルの記事の全体または一部の概要を紹介するものです。正確なところはオリジナルの記事をご参照ください。