ATD Japan Summit

2019.08.28

モバイルラーニングの可能性

Written by

ATD 2019 Japan Summitのスピーカーとして来日予定のChad Udell氏は、モバイルラーニングをはじめ、最新のテクノロジーを活用した学習の方法を追求しています。今日は、Udell氏によるモバイルラーニングについての記事を紹介します。

スマートフォンは最良の学習ツール

スマートフォンは、小さなデバイスですが、さまざまな機能を備えており、今やそれなしに日々を過ごすことは考えられません。私たちは、スマートフォンを使って日々さまざまな活動を行っています。

学習とは、学習した後に、思考、理解、行動が変化することです。自分がスマートフォンを使って何をしているかを振り返ってみると、それが学習にほかならないことがわかるはずです。たとえば、私たちは、スマートフォンで天気をチェックし、服装や傘などの持ち物を決めるなど、そこで調べた情報に基づいて自分の行動を変化させています。スマートフォンで行っていることの多くは、実は学習体験なのです。

これほど多くのことにスマートフォンが使われるのは、それが手近にあるからです。スマートフォンは、日々の生活に埋め込まれた便利なツールです。

一般に、多機能なツールは、それ専用のツールに比べて機能が劣ります。しかしスマートフォンの場合、以前の方法よりも大幅に簡単(迅速にできる、安価であるなど)に何かを行うことができる場合が多いようです。

スマートフォンは、単なるデバイスではなく、そこで使用できるユーティリティの機能次第で、高い有用性を発揮することができます。学習のためには、エンゲージングで価値の高い学習体験を提供するユーティリティが必要です。

 

元の記事:

https://learningsolutionsmag.com/articles/1955/whats-the-best-learning-tool-the-real-potential-of-mobile

Chad Udell氏による他の記事:

http://www.ipii.co.jp/archives/tag_blog/chad-udell/

 

 

※このサイトに掲載されている一連の記事は、オリジナルの記事の全体または一部の概要を紹介するものです。正確なところはオリジナルの記事をご参照ください。