ATD Japan Summit

2020.07.13

学習工学(ラーニングエンジニアリング)という新たな分野の定義がすすむ

Written by

今日は、Learning Solutions Magazineに掲載されていた学習工学に関する記事を紹介します。

 

学習工学の定義

学習工学は数十年前にさかのぼる古いコンセプトですが、その定義はまだ流動的であり、人によってその定義はさまざまです。

  • Stanford University の研究者でありAmazonの学習科学・エンジニアリング部門のディレクターであるCandace Thille氏は、学習工学は、学習科学と教授方法の「架け橋」として、「学生やインストラクターにフィードバックを与える学習環境およびデータシステムをデザインし、学習デザインの継続的改善をサポートし、人間の学習という科学の急速な進歩を促進する」といっています。
  • Harvard University教授であり研究者のChris Dede氏によれば、ラーニングエンジニアとは、「学習と学習測定に関する理論的およびエビデンスベースの研究を理解し、そうした治験を適用し、実際の状況にこのような知見を適用してその価値をテストし、最初のアプローチを洗練させて学生がより効率的・効果的に学べるようにするヒューリスティクスとモデルを開発する特定のプロフェッショナル」のことです。
  • GoogleのChris Jennings氏は、「絶えざる形成評価が可能であること」が、学習工学の主要な強みであり、これはデータとデータ・アナリティクスを効果的に使い、よりよいトレーニングとパフォーマンスサポートを達成することによって実現できると考えています。

 

ラーニングエンジニアに必要とされるスキルセット

これからの学習のプロフェッショナルには、データの視覚化、プログラミングとコーディング、学習科学やデータ分析から得られた成果を適用するスキルが必要とされます。

ICICLEでは、ラーニングエンジニアが備えるべきスキルセットを定義しています。これには以下を理解することが含まれます。

  • 現在および過去の製品トレンド、およびさまざまなラーニングテクノロジーの実装の強みと弱み
  • 学習データとプライバシーに関する標準と規制
  • テクニカルプロジェクトマネジメントおよびラーニングテクノロジーとラーニングエコシステムのデザインに関するベストプラクティス
  • ラーニングテクノロジーのデザイン、開発、導入、結果の成功や失敗につながる要因

 

元の記事:

https://learningsolutionsmag.com/articles/new-field-of-learning-engineering-edges-toward-definition

 

関連記事:

学習工学(Learning Engineering):学習科学とテクノロジーの融合

学習工学とは

学習工学(learning engineering)とテクノロジーの未来

学習工学(Learning Engineering)について知っておくべき7つのこと

学習工学が、インストラクションデザインやEdTechに意味すること

IEEE ICICLE:

https://www.ieeeicicle.org/

 

 

※このサイトに掲載されている一連の記事は、オリジナルの記事の全体または一部の概要を紹介するものです。正確なところはオリジナルの記事をご参照ください。