IPi IPinovations

2016.12.02

社長ブログ:人材育成で個人・企業・顧客を幸せに

Written by

vol.1 「教育・研修で個人の生きがいづくり、成長づくり」

こんにちは。IPイノベーションズ社長の浦山です。

浦山昌志

当社は「はたらく幸せで世界を満たす」という経営ビジョンを社員とともに作り、朝礼や仕事、社内活動のなかで共有しています。

ある企業の幹部研修を行ったときのこと。
突然、年配の部長が号泣し始めたのです。
「私は希望をもってこの会社に入社したのに、長い年月のうちにその熱い思いを忘れてしまっていました。若い人たちの成長のために、もう一度がんばりたいと思います。学んだことを生かしていきます・・・」と。

私は、シャンパンタワーの例をよく社員に話します。
タワーの一番上は自分自身、そして2段目は家族、3段目は同僚・パートナー、4段目は顧客とみなします。シャンパンはまず、自分が満たされないと、家族・職場に伝わっていきません。あふれたシャンパンが3段目の職場まで満たされた状態で、やっとそれがこぼれて顧客に伝わっていきます。つまり、個人から始まって、自分自身の職場が幸せに満たされていなければ、顧客を幸せにすることはできません。
「顧客第一」を標榜しているのに、社員をモノや装置のように扱ったり、社員以上に顧客を大切にする状態が、果たして正しいのでしょうか。

職場が活性化し、働く幸せで満たされるためには、もちろん売り上げや利益の事業目標が大切です。しかしはじめに、自分たちが何のために存在しているのか、使命を認識することがさらに大切と思います。

IPイノベーションでは、社内で何年も勉強会を繰り返し、全社メンバーで仕事のスキルだけでなく、働くことの意義などを学んできました。私は極力、売り上げや利益をあげることを話さず、どうしたらみんなが幸せに仕事をすることができるか、顧客を幸せにすることができるかなどを、他社の事例をひもときながら学習してきました。結果として、少しずつですが、社員の皆さんは、自分で考え、自立的に行動することが多くなってきたと感じています。

忍耐強く社員のよさを引き出すことに向かい合い、自由闊達に活動できる裁量を確保し、成長の場面をつくっていく… 難しいことですがこれに勝る社員教育はないと考えます。そのことがかけがえのないお客様との出会いや、幸せな仕事のおつきあいにつながっていくと信じます。

「あなたの会社の社員は、毎日生きがいをもって働ける機会と、成長のための支援を得られていますか」

働く人たちにとって大切なテーマを、ご一緒に考えていきたいと思います。