ATD Japan Summit

2020.07.22

行動科学に基づいてクリエイティビティを発揮する方法

Written by

クリエイティビティは、限られた人だけが備える神秘的な能力ではありません。誰もが日々クリエイティブなのです。全く同じことの繰り返しに思える日々の行動も、実際には少しずつ異なっています。この小さな違いに注目できるかどうかが、違いを生むのです。

今日は、行動科学に基づくマネジメントの第一人者であるAubrey Daniels氏によるクリエイティビティやイノベーションを生むためのチェックリストを紹介します。

 

  1. どのようなアイデアも歓迎する

アイデアを出すこと自体が奨励されれば、もっと多くのアイデアが出てきます。

  1. 「ご意見箱」を禁止する

匿名による方法は、イノベーションやクリエイティビティを損ないます。

  1. アイデアを出すための正式なプロセスを設けない

提出のための手間がかかるとアイデアが出にくくなります。

  1. 自分のアイデアに取り組む時間を与える
  2. アイデア醸成をサポートする予算を与える
  3. 人を管理する立場にある人たちが、行動をシェイピングする方法を知っている

出てきた意見やアイデアのよいところを見つけて伸ばす方法を管理者が知っていることが重要です。

  1. 自分のアイデアを経営幹部に示すチャンスが与えられる
  2. アイデアに対して会社がお金を払う

 

元の記事:

https://www.aubreydaniels.com/blog/2014/01/17/encouraging-creativity

 

関連記事:

クリエイティブな人の脳の特徴

問題解決能力や創造性を高めるための万能薬とは?

行動変容に関する他の記事

 

※このサイトに掲載されている一連の記事は、オリジナルの記事の全体または一部の概要を紹介するものです。正確なところはオリジナルの記事をご参照ください。