IPi IPinovations

2018.03.26

2018-010 締め切りを意識するには

Written by

随分時間を空けた更新になってしまいました。
昨年は1週間に2-3回はできていたのですが。。。

こんにちは、黒澤です。

アラフォー超えたいい歳して、なかなか予定(計画)を立てられず、立てても守れないことが多いことが悩みの種です。
そんな私のような人は、下記のようなアプローチを試してみるのもいいかもしれません。

スタンフォード大学のある学者さんが学生に対して、ある実験を行いました。
「アンケートに答えたら謝礼を払いますよ」
と持ち掛け、半分には期限を決めない。
もう半分には、5日後を締め切りとして伝える。

その結果、期限なしの学生の回答率が約25%だったのに対して、期限を決めた学生は約7割の回答率だったそうです。

私もそのタイプの人間ですが、一年の最初に目標を立てても、やり切って達成したことがありません。
どうもそんな人間には、一年という計画と実行のスパンは長すぎるようです。
この辺はタイムマネジメントの本とかノウハウを調べれば、もっともらしいことがいくらでもあるのでしょう。

私は、上記の実験にも通じることですが、「細かく期限」を設定することを心がけています。
今年は今まで以上に、「やるべき仕事に対して、いつまでにそれをやるのか?」という、先々の予定を決め、それを小まめに見ながら(修正もしつつ)、仕事を進めるようにしています。
その結果、少しづつですが、予定を決める際の精度も上がっている気はします。

さらに、一年とかもっと長い先の目標に対して逆算しつつ、期限を決めることができるようにしたいな、と思っています。今のところは思っている段階。
いずれにしても、目標とかゴールってやっぱり大事だな。と思います。

年度末ですね。色んな区切りとしては、良い時期でしょうか。