IPi IPinovations

2017.11.27

#26 三省堂

Written by

こんにちは、黒澤です。

転載とか引用とかの手間を考えると、安易に検索した情報やURLをここに記載するのに躊躇してしまいます。
という言い訳から入りましたが。。。

「雑誌小売業 売上高」でググってみてください。
11/27日時点での検索結果のうち、上から4件目あたりを見ていただくと、
2016年の情報ですが、国内の書籍・雑誌小売業の売上高ランキングを一覧表形式で見るサイトが見つかります。

2位は、丸善ジュンク堂書店。
3位は、イオングループの未来屋書店だそうです。
さて1位はどこでしょうか?
上記の検索していただくと、答えが分かると思いますよ。

IPイノベーションズは、東京千代田区の神保町にあります。
最寄りの大型書店に、三省堂があります。
栃木の田舎から出てきた私にとっては、どの書店も巨大に感じます。
ランキングに入っている書店のうち、6店は名前を知っている首都圏の書店でした。
三省堂は教科書や辞書も作っている会社だったり、東京で仕事をするようになって身近な位置関係にあることなど、私の中ではちょっと別格なお店だったのですが。。。
売上高ランキングのトップ10には入ってましたが、9位と予想より落ち着いた順位でした。

私は仕事関係でテキストを探すときには、まず三省堂に向かって内容を確認しています。
(まずは偵察ですね。ぶっちゃけ立ち読みですよ!)
ただ、実際に購入するものを決めたときには、高い確率で三省堂であることが多かったです。

実際の書店で本を購入する人は、やはり減っているのでしょうね。
売上だかランキングや関連する記事に目を通すと、8割くらいの書店が売り上げが減少しているということです。
その分がAmazonとかに流れているんですよね。
ちょっとだけ寂しく感じる気持ちがあります。