オープンコース(定期開催コース)

Building HP FlexFabric Data Centers, Rev. 14.41

コースNo. HI142
コース名 Building HP FlexFabric Data Centers, Rev. 14.41
日数 3日
学習形態 講義 + リモートラボ

コースお申し込み

日付 時間 価格(税込) 会場 お申し込み
2018/02/21 〜02/23 09:30〜18:30 ¥194,400 錦町会場 まだ空きがございます

概要

このトレーニングは、HPE FlexNetworkアーキテクチャーに基づいた複雑なデータセンターソリューションの設計、実装や設定に必要な知識やスキルを提供します。トレーニングでは、リモートラボによる実習環境も提供します。 この新たなトレーニングは、HPE 認定資格プログラムのHP ASE(Accredited Solutions Expert)のFlexNetwork Integrator V1認定とFlexNetwor Architect V2認定のHP2-Z34試験に対応しています。

対象

企業レベルネットワークの実装と設定に関して、少なくとも3年以上の経験があるHPパートナーやHP社員が理想です。
受講者は、仮想コンピューターに接続される単純で拡張性が高く、自動的にイーサネットファブリックやストレージ、クラウドサービスなどを含む、HP FlexFabricデータセンターソリューションに基づく、今日のデータセンターについて理解し、デモができるとよい。

前提

このトレーニングの受講前に、Deploying HP FlexNetwork Core Technologiesトレーニングを受講していることを強く推奨します。

受講推奨トレーニング
 「Deploying HP FlexNetwork Core Technologies,Rev 14.31」
http://www.ipii.co.jp/archives/course/hi138

講習内容

・HPE FlexFabricネットワークアーキテクチャを理解する
・データセンターネットワークの共通要件について説明する
・物理デバイスのパーティションを可能にするMultitenant Device Context (MDC)技術、またはMDCsと呼ばれる複数の論理スイッチでのIRFファブリックについての、理解と説明と設定
・BGPやMPLSによるVPNネットワークでの複数VPNインスタンスのCustomer Edge (CE)としてのスイッチ機能を有効にするMulti-CE (MCE)についての理解と説明と設定
・Martini, Kompella, CCC, SVC によるポイントツーポイント接続を提供するMPLS によるL2VPN技術についての理解と説明と設定
・transparent LAN service (TLS) や仮想専用スイッチネットワークサービスと呼ばれるVirtual private LAN service (VPLS)サービスが、パブリックネットワークをまたがるポイントツーマルチポイントL2VPNを提供できることについての理解と説明と設定
・Transparent Interconnection of Lots of Links (TRILL)についての理解と説明と設定
・データセンターサイト間を接続する、hortest Path Bridging Mac-in-Mac Mod (SPBM) についての理解と説明と設定
・単一の統合イーサネットネットワークでの、IPベースLANトラフィックとブロックベースのストレージトラフィックを強化する技術であるDatacenter Bridging (DCB)についての理解と説明と設定
・ダークファイバーに代わる行こうなレイヤー3ルートを用いた、データセンターネットワークにまたがるレイヤー2ネットワークを拡張するEthernet Virtual Interconnect (EVI) プロトコルについての理解と説明と設定
・Fibre Channel over Ethernet (FCoE) についての理解と説明と設定
・データセンターネットワーク設計の要件について説明する
・異なるデータセンター実装モデルの違いについて説明する
・データセンター技術とその実装の影響についての理解
・データセンター階層のオプションについて説明する
・コネクションレスIPバックボーンネットワークをまたがる、ラベルスイッチ指向の接続を提供するMultiprotocol Label Switching (MPLS)についての理解と説明と設定