オープンコース(定期開催コース)

D8CADM (Clustered Data ONTAP Administration)

コースNo. NI127
コース名 D8CADM (Clustered Data ONTAP Administration)
日数 3日
学習形態 講義+実機演習

コースお申し込み

日付 時間 価格(税込) 会場 お申し込み
9:30〜18:00 ¥307,800 田町会場 ただいま計画中です

概要

NetApp Data ONTAP 8が提供するユニファイド スケールアウト ストレージ プラットフォームによって、変化するビジネス ニーズに対応し、リスクを抑えてコストを削減できます。世界シェアNo.1のストレージOS*、Data ONTAPは、プライベート、パブリック、ハイブリッドのどのクラウド環境にも対応できる確固たる基盤を提供します。
シングル プラットフォームに豊富な機能を搭載したclustered Data ONTAPを使用すれば、IT担当者を増員することなく、インフラをスケールアップ、スケールアウトできます。
本トレーニングでは、3日間で、clustered Data ONTAPを使用するために必要となるネットワーク管理の基礎、データアクセスに使用する基本的なプロトコル、clustered ストレージ環境下でのデータの保護、管理、監視について講義、演習を行い学習することができます。
これらの機能は、コマンドラインとOnCommand System Managerの両方で構成することが可能です。

対象

NetAppストレージシステムでclustered Data ONTAP 8.3オペレーティングシステムを導入、設定、管理等を行う、NetApp ユーザ、NetApp パートナー、NetApp 社員

前提

「Clustered Data ONTAP Fundamentals(WBT) 」(※)を受講済み、または、同等の知識を有している。

上記の※は Webトレーニングです。詳細については、NetApp社のWebサイトをご覧ください。Webトレーニングの受講にはサポートアカウントID(旧NOWアカウントID)が必要です。取得方法につきましては、こちらをご覧ください。

目的

このトレーニングを修了すると次のことができるようになります。

Data ONTAPストレージ環境のコンポーネントについて理解
Data ONTAP クラスタコンポーネントのセットアップと導入
ストレージシステムの簡単な管理を行う
物理的、論理的ストレージの構成
単純な環境でのクライアントプロトコルの構成
SnapShotコピーとディスクスペースの消費
Data ONTAPで可能なバックアップの方法の考察
Data ONTAPアップグレードについての説明

講習内容

Module 1: Exploring Data ONTAP Storage Fundamentals
Module 2: Hardware and Initial Setup
Module 3: Initial Storage System Configuration
Module 4: Storage Management
Module 5: Network Management
Module 6: Implementing NAS Protocols
Module 7: Implementing SAN Protocols
Module 8: Snapshot Copies
Module 9: Managing Storage Space
Module 10: Data Protection
Module 11: Monitoring Your Storage System
Module 12: Upgrading and Transitioning to Clustered Data ONTAP
Module 13: Bonus Material (Optional)

※英語の教材を使用します。