オープンコース(定期開催コース)

CIFSAD (Data ONTAP SMB (CIFS) Administration)

コースNo. NI129
コース名 CIFSAD (Data ONTAP SMB (CIFS) Administration)
日数 2日
学習形態 講義+実機演習

コースお申し込み

日付 時間 価格(税込) 会場 お申し込み
9:30〜17:30 ¥205,200 田町会場 ただいま計画中です

概要

Data ONTAP 7-Modeやclustered Data ONTAP環境で、SMB 1.0, 2.0, 2.1の環境を構築するための技術を講義と実習を通して習得します。さらに、clustered Data ONTAPでは、SMB 1.0、2.0、2.1、3.0の環境を構築するための技術を習得します。
本トレーニングはData ONTAP 8.3に対応しています。演習ガイド、演習環境はclustered Data ONTAP 8.3で構成されております。

対象

Data ONTAPオペレーティングシステムの稼働するNetAppストレージシステム上でのCIFS環境の運用、パフォーマンス管理、サポートを行う、NetApp ユーザ、NetApp パートナー、NetApp 社員

前提

D8CADM (Clustered Data ONTAP Administration)を受講済み、または、同等の知識を有している
NetApp製品に関する基礎知識を有している
クライアント/サーバシステム、TCP/IPなどネットワークに関する基本的な知識を有している
Windowsに関するバックグラウンドを有している

目的

このトレーニングを修了すると、次のことができるようになります。
- Data ONTAP 7-Modeまたはclustered Data ONTAPでSMB 1.0の設定の説明
- Data ONTAP 7-Modeまたはclustered Data ONTAPでSMB 2.0の設定の説明
- Data ONTAP 7-Modeまたはclustered Data ONTAPでSMB 2.1の設定の説明
- clustered Data ONTAPでSMB 3.0の設定の説明
- ホームディレクトリ、シンボリックリンク、widelinkを含む応用的なCIFSに関する説明
- Data ONTAP SDKを用いたPowerShell CLI とスクリプトの利点を説明
- CIFS環境におけるパフォーマンス管理と簡単なトラブルシューティング

講習内容

SMB (Server Message Block) Overview
SMB Setup
Shares and Sessions
Access Control
Advanced Topics
PowerShell and the Data ONTAP PowerShell Toolkit
Performance and Basic Troubleshooting

※英語の教材を使用します。