オープンコース(定期開催コース)

DATAPROT (Data ONTAP Data Protection Administration)

コースNo. NI130
コース名 DATAPROT (Data ONTAP Data Protection Administration)
日数 2日
学習形態 講義+実機演習

コースお申し込み

日付 時間 価格(税込) 会場 お申し込み
9:30〜16:30 ¥205,200 田町会場 ただいま計画中です

概要

データ保護はすべての IT 戦略で重要な位置を占めています。データ保護によってダウンタイムやデータロスト、コンプライアンス違反のリスクを最小限に抑えられます。残念なことに、ほとんどのデータ保護の実装は複雑でコストがかさみ、お使いの環境に多くの専用製品を「取り付ける」ことが必要になります。
NetAppには、統合データ保護という、自信を持って提供できる最適なソリューションがあります。
このトレーニングでは、clustered Data ONTAP8.3 を使用した環境で、SnapShot、SnapResore、 SnapMirror、SnapVault、Open Systes SnapValut (OSSV)、NDMPなどの技術を用いて、企業におけるミッションクリティカルデータの複製やリストアを行う方法を学習します。これらの機能を、コマンドラインとOnCommand System Managerの両方で構成する方法を学習します。さらに、Data ONTAP 8.3 MetroClusterソリューションの概要についても学習します。

対象

clustered Data ONTAP 8.3環境で、SnapMirrorやSnapRestore, SnapVaultなどのバックアップやリストアに関する知識を習得したい、NetApp ユーザ、NetApp パートナー、NetApp 社員

前提

次のトレーニングを受講済み、または同等の知識を有している
- D8CADM (Clustered Data ONTAP Administration)
- Data ONTAP Cluster-Mode Fundamentals (※)
- Clustered Data ONTAP 8.3: New Features (※)
- Technical Positioning of Clustered Data ONTAP 8.3 (※)

上記の※は Webトレーニングです。詳細については、NetApp社のWebサイトをご覧ください。Webトレーニングの受講にはサポートアカウントID(旧NOWアカウントID)が必要です。取得方法につきましては、こちらをご覧ください。

目的

このトレーニングを修了すると、次のことができるようになります。
- Snapshotコピーの設計、導入、管理
- clustered Data ONTAP 8.3環境での SnapMirror 設計、導入、管理
- clustered Data ONTAP 8.3環境での SnapVault 設計、導入、管理
- OnCommand System Managerを使用したバックアップとリストアの管理
- clustered Data ONTAP 8.3環境でのNDMPプロトコルの使い方の理解

講習内容

Module 1: Data Protection Technologies
Module 2: Data Protection with NetApp Snapshot Copies
Module 3: NetApp Replication Technologies
Module 4: Using SnapMirror for Data Protection
Module 5: SnapVault Backup and Recovery
Module 6: Data Protection using NDMP
Appendix A Open Systems SnapVault

※英語の教材を使用します。