bgup
conference
bgdown
bgup
プログラム・セッションの概要

今後、情報を追加・更新してまいります。


■タイムテーブルについて

時間 プログラム セッション 講演者 会社
08:30-08:45
受付
08:45-09:00 オープニング 開会の挨拶 宇野 聡美氏 ATD Member Network Japan
代表理事
09:00-10:00 セッション 1 世界的規模の学習組織の構築 : Hitachi Vantaraのグローバルラーニングのベストプラクティス John Kostek 氏 Hitachi Vantara
ラーニング&パフォーマンス コンサルタント, シニアエデュケーションデベロッパー
10:00-10:15
Networking Break (休憩)
10:15-11:15 セッション 2 Topic TBD Kelly Palmer 氏 Degreed Inc.
チーフ・ラーニング・オフィサー
11:15-11:30
Networking Break (休憩)
11:30-12:30 セッション 3 学習の新たなパラダイム:テクノロジーとデジタル化 Tom Lamberty 氏 Cisco Systems GmbH
リーダーシップ&チームデジタル化部門コンサルタント
12:30-13:30
Lunch Break (昼食)
13:30-13:45 オープニング 午後のオープニング (Quiz and gifts) Facilitator TBD ---
13:45-14:45 セッション 4 Topic TBD 土井 哲 氏 株式会社インヴィニオ
代表取締役
14:45-15:00
Networking Break (休憩)
15:00-16:00 セッション 5 Getting Ready for 2020: Learning While Earning Thilo Eckardt 氏 MyLearningBoutique
創業者, チーフインスピレーションオフィサー
16:00-16:15
Networking Break (休憩)
16:15-17:15 セッション 6 現代の職場に役立つ実際的な学習フレームワーク Angela Stopper 氏 カリフォルニア大学バークレー校
チーフラーニングオフィサー、ラーニング&ディベロップメントディレクター
17:15-17:45 Q&A Q&A と パネルディスカッション Facilitator / Panelist TBD ---
17:45 クロージング ---

※プログラムの内容は変更になる場合がございます。



■セッションの概要について

セッション 1 | 9:15am-10:00am

世界的規模の学習組織の構築 :
Hitachi Vantaraのグローバルラーニングのベストプラクティス

このセッションでは、適切なビジョンと戦略の定義、組織構成のデザイン、職務をまたがるチームの協力によるビジネス目標・ゴールのサポートなど、受賞歴のあるグローバルな学習組織を紹介します。 従業員、パートナー、顧客が関与する大規模なバリューチェーンを通じて一貫性のあるスケーラブルな学習機会を提供することは、偶然にできることではなく、深い考察が必要とされます。 このセッションでは、L&D担当者の選択と能力開発、エビデンスベースのインストラクションデザイン、優れた企業文化の構築のためのヒントが提供されます。

John Kostek 氏
セッション 3 | 11:30am-12:30pm

学習の新たなパラダイム:テクノロジーとデジタル化

テクノロジーは常に、コミュニケーションの方法や、人が共に働く方法、互いに学ぶ方法に影響を与えてきました。 デジタル化は、人間のこのような活動に、コンバージェンスとコネクティビティという根本的に新しいレイヤーを加えるものです。
このセッションでは、ネットワークを通じたコラボレーションという新たな方法によって作り出される新たな環境について検討します。これは、単にL&Dについての理解を再定義するだけではなく、新たなパラダイムのための基盤となります。 自分自身の仕事の未来に対する洞察や、グローバルなビジネス環境からの具体的な使用例から自分の具体的な状況に適用できるヒントを得ることができます。

Tom Lamberty 氏
セッション 5 | 3:00pm-4:00pm

Getting Ready for 2020: Learning While Earning

How can learning technology foster and support the “learning while earning” concept? The challenge is the same everywhere: How can talent and learning managers make sure that their investments in training, coaching, and events are paid back in business results and are leading to the sustainable change of behaviors? While various success drivers are well known in the industry, it does not mean that they are easy to implement in every company. But looking across the border may help: What have companies in other countries tried, and what has worked (or not) for them?
In this session, you will discover some modern learning technology elements that have already been practiced in Europe. You will find out which success conditions had to be fulfilled and which barriers had to be overcome in Japan. At the end of the session, you will be able to prepare your own conceptual draft for your company’s next learning while earning project.

Thilo Eckardt 氏
セッション 6 | 4:15pm-5:15pm

現代の職場に役立つ実際的な学習フレームワーク

今日出回っている次世代型のラーニングテクノロジーは、非常に複雑です。 コラボレーションプラットフォーム、バーチャルリアリティ、マシンラーニング、ゲーミフィケーションなど、L&Dの担当者が従業員に学習を提供する方法がこれまでになく増えています。 このセッションでは、世界中のラーニングリーダーが、フォーマル/インフォーマル、ソーシャルラーニングプラットフォームを使用して、L&Dの世界に生じている大きな変化に適合する方法を明らかにします。 インフォーマル/ソーシャルラーニングが、現在どのように導入されているかを紹介し、それを使って学習者をエンゲージする方法を説明します。 70-20-10の学習モデルを洗練させて、今日の従業員のニーズを満たしたい人に役立つセッションです。

Angela Stopper 氏

【プラチナスポンサー】

Degreed & Disce Inc. INVENIO Co., Ltd.


【展示スポンサー】
サイコム・ブレインズ株式会社 株式会社リクルートマネジメントソリューションズ
【テクノロジースポンサー】
UMU Technology Japan Co., Ltd.

bgdown