よくある質問

 

UMUとは? アカウントについて 機能について その他

UMUについて

UMUとは?
「UMU」は、PC・モバイルデバイスを介して研修・講義や会議、イベント等の参加者との「繋がり」を提供し、その結果をリアルタイムに表示・共有できるインタラクティブ・プラットフォームです。
UMUの設計・開発には講師や講演者などが携わっており、効率的かつ効果的な「次世代の研修・講義・会議・イベント」の運営を可能にします。
UMUと他のツールの違い
他の同様なツールでは、『アンケート』などの単独な機能しか持ち合わせていませんが、UMUは、講師・講演者からの質問や参加者同士のディスカッション、画像の共有など、研修・講義・会議・イベント等をパワーアップするための様々な機能を提供しています。 また、参加者のレスポンスをリアルタイムで表示・共有できること、収集したデータを後からエクスポート・確認して分析・活用できることなどが、他のツールとの違いです。
また、UMUは専用機器や特別な専用ソフトなどを必要とせず、既存のPC、スマートフォン・タブレットなどのモバイルデバイス、インターネット接続環境があれば、ご使用いただけます。
UMUが使用者にもたらすものは?
UMUで作成したイベント・セッションには、参加者はモバイルデバイス・PCからいつでも、どこからでも参加できます。講師や講演者からのアンケートや質問に対する参加者からの回答・レスポンスをリアルタイムで表示・共有することで、参加者の反応にその場で対応し、反応に応じたインタラクティブな講義進行や参加者全員の意見確認など、これまでの講義や会議、イベント等では実現できなかった「次世代の学習体験」をもたらします。

また、UMUはお客様にサポートサービスを提供しています。質問・疑問への速やかな対応や、状況に応じたUMUの活用に関するアドバイス、また機能のアップデートなどの情報提供を行っています。
有償でUMUを使用する価値はあるか?
UMUは研修や講義、会議やイベントといった現場での単なる情報共有のみならず、事前準備や事後の分析、研修・講義の評価、ニーズ調査、会議でのディスカッションにまで使用できます。
UMUは参加者のレスポンスを収集・記録しており、そのデータを活用することで将来的な講義内容の改善、ニーズへの対応、反転学習への応用などが可能です。
ぜひこれらのデータがもたらす価値・成果とUMUのコストを比較してみてください。
UMUは小規模なイベントでも効果があるか?
UMUは大小規模問わずイベントに適用します。
UMUでは、複数の参加者が同時にレスポンスすることができますので、参加者が二名以上の場合はUMUを使用することで発言がより効率的になります。また文字入力による発言は、一旦思考することでより論理的な内容になり、議論の密度を深めます。

TOPへ

アカウントについて

UMUのアカウントにはどんな種類がある?
UMUには無料のフリーアカウントと有料アカウントがあります。
フリーアカウントでは、8桁のPINコードと31日間の全機能使用権が提供されます。有料アカウントについては、「UMUのフリーアカウントと有料アカウントの違い」をご参照ください。
フリーアカウントと有料アカウントの違い
1. 使用できるセッションの種類に違いはありませんが、フリーアカウントでは作成できるイベント数が最大5、各イベント毎のセッション数が最大6という制限があります。 有料アカウントではイベント・セッション共に作成数の制限はありません。
2. 両方ともに30名以上が参加できますが、フリーアカウントでは30名分のレスポンスしか表示できません。対して有料アカウントではレスポンス表示の制限はありません。
3. フリーアカウントのPINコードは、7~8桁の数字ですが、有料アカウントでは4~6桁のPINコードが使用できます。短いPINコードは覚えやすく素早いセッションへの参加を実現します。
有料アカウントのお申込み方法について
個人向けプランをご希望の場合は、UMU社Webサイトよりお申込みいただけます。お支払いにはPayPalによるクレジットカード決済がご使用いただけますが、 別途お支払い方法をご希望の場合は、弊社セールス担当までお問い合わせください。
企業向けプランをご希望の場合は、弊社セールス担当までお問い合わせください。セールス担当へのお問い合わせはこちら

TOPへ

機能について

参加者はどうやってUMUセッションに参加するのか?
参加者はスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスやPCからUMUサイトにアクセス、PINコードを入力することでセッションに参加できます。また3次元バーコードやメールによる招待などでもセッションに参加可能です。講師がセッションを切り替えた場合は、参加者はブラウザを更新するだけで新しいセッションに参加できます。
PINコードとは?
PINコードとは、参加者がイベント・セッションに参加するために必要な4~8桁の番号です。すべてのアカウントにはそれぞれ独自のPINコードが割り振られており、アカウントをアップグレードすることで、やり覚えやすいPINコードに変更することもできます。
セッションの内容・レスポンスを表示するには?
講師のパソコンとプロジェクタを接続し、インターネット接続環境を用意するだけで、セッションの内容・レスポンスをスクリーンに表示できます。
参加者の発言内容を表示前に確認したり非表示にすることはできる?
『質問』や『ディスカッション』のセッション作成の時に「マニュアルチェック」を選択することで、「コンソール」上で表示前に発言内容の確認や非表示にするが可能です。発言が非表示にされた参加者も、別のセッションでは続けて発言できます。

TOPへ

その他

UMUで保存されたデータは安全なのか?
「データの安全性」は数多くの企業や会社が関心する共通の話題です。UMUは会社設立時点でデータの安全性を第一に考慮して製品の設計や開発をしています。
UMUの安全性について:
1. UMUは厳しいセキュリティを採用しており、UMUのアカウントデータに他者からアクセスすることはできません。
2. アカウントデータは多層のアクセス制限をしており、バックグラウンドからの情報の漏洩を防ぎます。
3. UMUは如何なる状況でもアカウントデータを他人に漏洩しません。UMUのスタッフにもアカウントデータへのアクセス権限がありません。アカウント所有者本人のみ共有やデータのシェアが可能です。
4. UMUでセンシティブな情報のUMU上における使用をお勧めしていません。もしUMUを通じてセンシティブな情報が集まった場合、企業アカウントユーザーの方はメタデータをダウンロードしてデータを消去してください。
Wi-Fなどのネットワーク接続環境がない場合は?
UMUはセッションデータを技術的にリファインしており、各データ量は数十kb程度です。使用する会場ににWi-Fiがない場合、参加者は個々のキャリア回線経由で、講師はモバイルデバイスのテザリングなどでパソコンからUMUにアクセスできます。
講師はパソコンからアクセスして操作するのか?
UMUはパソコンから使用するのが一番簡単な方法ですが、タブレットやアプリからの操作も可能です。UMUアプリはAppStore、Google Playなどからダウンロードできます。
UMUではクラウドサービスのみで提供されるのか
ご希望によりUMUサービスをお客様の環境で運用できるようにし、定期的なメンテナンスとアップデートなどのサポートを提供いたします。 こちらは別途お見積りさせていただきますので、販売パートナー担当者までお問い合わせください。

TOPへ

 


Copyright © 2015 IP Innovations, Inc. All rights reserved.